老人福祉施設は施設サービス費の約1割が自己負担ですが、有料老人ホームは全てが自己負担です。

老人福祉施設と有料老人ホームの違い

老人ホームにはさまざまな種類がありますが、その中でも一般的な人が多く利用している施設として「老人福祉施設」と「有料老人ホーム」が挙げられます。

 

この二つの介護施設への入所を考えた場合、介護サービスの内容にはそれほど差異はありませんが、一ヶ月に掛かる「介護サービスに対する費用」が大きく違ってきます。

 

どちらかと言えば老人福祉施設の方が一ヶ月に掛かる費用は割安ですが、その分人気が高くて入所希望者が多いために入所まで長期間、待つ必要が出てきます。

⇒老人福祉施設の費用相場

 

一方で有料老人ホームの場合は老人福祉施設と同様のサービスが受けられるだけでなく、居住するスペースのほぼ全室が個室対応となっており、快適な生活やプライバシーの保護が約束されています。
ただし、老人福祉施設に比べると一ヶ月に掛かる費用が割高となっており、経済的な負担が大きいというデメリットが存在しています。

⇒有料老人ホームの費用相場

 

老人福祉施設

基本的に生活介護が中心の施設のことで、要介護老人の食事や健康管理などのお世話等がサービス内容に含まれています。
この老人ホームに入所する人の多くは家族が遠方に住んでいて介護が難しい場合や、介護者が高齢だったり、療養中などの理由で自宅での介護が難しいといった環境に身を置く人がほとんどです。

 

そのため、老人福祉施設では家族に代わって要介護者の食事や入浴などのお世話や日常生活の介護を行います。

 

老人福祉施設に入所した場合の費用は、施設サービス費の約1割が自己負担となりますが、その他にも食費や居住費、日用品などの費用も自己負担となります。

 

 

有料老人ホーム

65歳以上の高齢者であれば老人福祉施設と同等かそれ以上の介護サービスを受けることが出来ます。

 

また、居住スペースは個室の場合が多いので入所者のプライバシー保護が徹底され、快適な生活を送ることが出来る点も大きな魅力のひとつだと言えます。

 

ただし、老人福祉施設とは違って介護サービス費用の全てが自己負担となるので、一ヶ月に掛かる経済的負担が大きいという点に注意する必要があります。