老人福祉施設に月々に支払う金額は約8万円~9万円程度となります。

老人福祉施設の費用相場

 

少子高齢化が進む現代では、もはや老人ホームの存在は無くてはならないものになってきています。

 

多くの専門的な知識と技術を学び、習得した介護師がお年寄りのお世話や介護をしてくれる老人ホームは、自宅での介護に疲れた人たちにとって救世主のような存在であると言えます。

 

介護が必要なお年寄りの中でも、家族が遠方に住んでいて介護が受けられなかったり、介護をする親近者が高齢だったり病気などで療養中の身であったりする等、自宅での介護が難しい人の多くが「老人福祉施設」と呼ばれる老人ホームを利用します。

 

ただし、老人福祉施設に入所した場合の費用は一般的な有料老人ホームに比べて10分の1程度と経済的負担が少ないため、多くの入所希望者が長期間、入所待ちをしているのが現状です

 

 

老人福祉施設に入所した場合の費用

施設サービス費の1割程度に加え、食費や居住費のほかに日用雑貨に掛かる費用などが自己負担となるのが一般的です。
施設サービス費については介護保険で決まるので一定ではなく、要介護度や居住する部屋のタイプによっても価格が変動します。

 

初期費用については老人福祉施設の場合、有料老人ホームとは違い「入所一時金」などの初期費用は不要で、入所後に月額費用として介護サービス費や食費、居住費などの生活費を自己負担することになります。
月額費用は要介護度数や居住する部屋タイプによっても変動するので一概には言えませんが、一般的な要介護度3の入居者の場合で介護サービス費が月額26万円前後となります。

 

しかし、老人福祉施設の場合はその9割を国や自治体が負担してくれるので、実際に自己負担する金額はその1割程度となります。
つまり、老人福祉施設に入居した場合に月々支払う介護サービス費用は26万円の10分の1である「2万6千円」程度が目安となります。

 

それに加えて居住費や食費、その他に必要な雑費や日用品に掛かる費用が月額で約6万円前後だとしても、月々に支払う金額は約8万円~9万円程度となるので有料老人ホームに比べ、一ヶ月に掛かるコストはかなり低いと言えます。

⇒老人福祉施設と有料老人ホームの違い