ホテルのような設備を整え、充実したサービスを提供する有料老人ホームも数多くあります。

老人ホーム選びのポイント【設備編】

 

昨今、少子化と高齢化が同時に進んだことで高齢者に対する医療費、そして介護保険など社会福祉に関する予算を大幅に増加する必要に迫られています。

 

高齢者が増えたことによって自宅で介護が必要な人が増え、家族にとって精神面でも肉体面でも大きな負担となりつつあります。

 

高齢者

現在の日本では高齢者一人につき、若者三人で医療費や介護費を賄っている計算となり、このまま少子高齢化が進めば状況は更に悪化することが予想されます。

 

そんな中、家庭内で高齢者を介護する事に疲れ、精神を病んだり自ら命を絶ってしまう人が増加傾向にあります。

 

そのため、高齢者を預かって介護サービスを依頼できる「老人ホーム」の増設が急務となっています。

 

現在の日本では数多くの老人ホームが存在していますが、経済的な負担の少ない「老人福祉施設」のような介護施設は入所希望者も多く、数え切れないほどの待機高齢者を生み出す結果となっています。

 

その一方で比較的、入所が容易な「有料老人ホーム」の需要が高まりつつありますが、老人福祉施設などに比べると経済的負担は約10倍になってしまうため、一般的な要介護者にとっては敷居の高い施設だと言えます。

 

通常、老人ホームを選ぶ際の重要なポイントとしては費用面以外に「設備」や「介護サービスの内容」などを見て選ぶのが一般的です。

 

その中でも特に老人ホームの「設備面」を重要視して選ぶのであれば、老人福祉施設ではなく有料老人ホームを選んだ方が選択肢も多く無難だと言えます。

 

有料老人ホームはその設備の充実度で費用も変わってきますが、逆に言えば費用さえ掛けてしまえば充実した設備が整った老人ホームで生活を送ることが出来るということになります。

 

最近ではホテルのような設備を整え、充実したサービスを用意している有料老人ホームも数多く出てきているので、自分自身がどのような設備の中で暮らしたいのかをしっかりと考え、自分に合った老人ホームを選択することが大切です。

⇒有料老人ホームの費用相場