老人ホームへの入居を決めるのは、入居者本人の意思に委ねることが大切です。

入居者本人の気持ち

 

高齢化社会の一途を辿る現代では、高齢者の介護問題が表面化しつつあります。
多くの家庭で要介護者である高齢者を抱えているのにも関わらず、老人ホームのような介護施設が不足し、そこで働く介護師の数もまったく足りていないという厳しい現実が目の前にあります。

 

しかし、日常的に介護を行う側としては生活の中で高齢者の介護を続けることはたとえ家族であっても非常に負担が大きく、極端な場合は精神を病んでしまうこともある程です。

 

このように精神的、肉体的な負担が大きい高齢者の介護を代行してくれる老人ホームの存在は多くの人にとっての救いであり、日々の負担を和らげてくれる重要な存在です。

 

しかし、老人ホームへの入居は介護を行う側の都合ばかりが反映され、入居者本人の気持ちは無視されてしまいがちなのも事実です。

 

入居者本人が老人ホームへの入居に抵抗を感じている場合は、介護を行う側が高齢者と真摯に向き合い、よく話し合う必要があります。
入居者本人からしてみれば、住み慣れた家を離れるわけですから複雑な気持ちになるのは当然の心理です。

 

親族や兄弟のいる生まれ育った土地を離れ、今までの生活圏外へ出ることへの不安抵抗感などもあり、なかなか老人ホームへの入居へ前向きになれない高齢者も数多く居ます。

 

また、老人ホームへの入居によって自由が無くなることが不満であったり、集団生活への抵抗感を覚える入居者も多く、入居者本人が納得して老人ホームへの入居を決めるということは稀だと居えます。

 

しかし一方で、子供や孫に迷惑を掛けたくないと感じていたり、自宅を離れて新たな環境で生活を望んでいる高齢者も少なからず存在しています。

 

中には老人ホームへの入居を頑なに拒む高齢者も居ますが、そういった人に対してどのように納得して貰い、入居者本人の前向きな意思によって老人ホームへの入居を決められるかどうかも介護者側の課題だと言えます。

 

つまり、老人ホームへの入居を決めるのは介護をする側ではなく、
最終的には入居者本人の意思に委ねることが大切なのです。