老人ホームには様々な種類があり、入所するための条件があります。

老人ホームの種類

 

老人ホームの存在は誰でも知っているかと思いますが、老人ホームの「種類」や「選び方」について知る人はそれほど多くは無いと思います。

 

一口に老人ホームと言ってもさまざまな種類がありますし、入所するために満たさなければならない条件などもあったりでその種類や仕組みは思ったよりも複雑です。

 

基本的に、老人ホームの種類には

  • 老人保健施設」のようにリハビリを重点的に行うための施設
  • 特別養護老人ホーム」や「有料老人ホーム」のように常時誰かが付きそう介護が難しい人のための施設
  • グループホーム」のような認知症の人のために特化した施設
  • ケアハウス」と呼ばれる比較的、軽度の介護サービスで十分な人向けの施設

などに分けられます。

 

 

その中でも最も一般的な施設として挙げられるのが、
特別養護老人ホーム」や「有料老人ホーム」などの施設です。

 

一般的な特別養護老人ホーム

自宅での介護が難しく、常に介護が必要な老人のお世話やリハビリに努めています。
ここでは要介護者の日常的な介護や食事のほかに健康管理などのサービスを受けることが出来ます。また、一ヶ月に掛かる施設サービス費用が他の施設に比べて格段に安いというのも特徴のひとつです。

 

しかし掛かるサービス費用が安い反面、入所希望者が溢れていて常に入所待ちの状態が続くといったデメリットもあります。

 

有料老人ホーム

特別養護老人ホームと同様の介護サービスが受けられるだけでなく、居室のほぼすべてが個室となっているので入所者にとっては非常に過ごし易く、プライバシーの保護もしっかりしているので安心して生活を送ることが出来るといったメリットがあります。

 

ここでは特別養護老人ホームと同様、日々の食事や介護などの日常生活のお世話のほかに健康管理などのサービスを受けることが出来ますが、特別養護老人ホームと比べて一ヶ月に掛かる施設サービス費用が割高になるといったデメリットも存在しています。

 

ただし費用が割高な分、入所までの時間が掛からずスムーズに入所できるといったメリットがあります。