管理栄養士の設置や献立の傾向、行事食、食べなかった場合の利用料金などもチェックです。

老人ホーム選びのポイント【食事編】

 

これから老人ホームの入居を検討している方や真剣に探している方へ老人ホーム選びのポイントについて紹介致します。

 

老人ホーム選びでは、毎日の食事面も非常に重要な要素になってきます。
しっかりと把握してから入居を契約するようにしましょう。

 

基本的なチェックポイントとして、以下の項目は最低限チェックするようにして下さい。

  • 高齢者向きの食事メニューになっているか
  • 健康的にも重視されているか
  • 味付けはどうか

などです。
また、アレルギーやカロリー制限などにしっかり対応しているかという点も調べておいた方が良いかもしれません。

 

個別対応してくれるところも

老人ホームによってはその日の体調などに合わせて個別に対応してくれるところもあります。
さらにこれら以外に、チェックしておきたいポイントを幾つか記載すると、

  • 管理栄養士がいるのか
  • 献立の傾向はどうなのか
  • 季節を感じられる行事食などはあるか
  • 食べなかった場合の利用料金などはどうなっているか

などの項目もあります。

 

人によっては食のチェックポイントも多少の違いはあるかもしれませんが、食事は生活の満足度を高める重要な要素なので、これらを調べるようにして下さい。

 

朝・昼・夜に食べる食事は不自由を感じると、毎日の生活で不満やストレスが溜まってしまいます。
色々な老人ホームにパンフレットなどを資料請求して比較してみて下さい。

 

また、食事はもちろん、入浴やトイレ、買い物の補助など様々な面から不便のない暮らしが出来る老人ホームを選ぶ必要があります。
老人ホームを選ぶ際には、生活の全ての面で考慮しなければいけないので慎重にしっかりと時間をかけて検討するように心がけて下さい。

 

老人ホームには、民間の運営している施設公的な機関の施設とがあります。
市区町村の福祉課や地域の福祉事務所都道府県の高齢者総合相談センターなどで相談が可能な窓口があるので、食事面を含め不安を感じている方は質問や相談をされるようにして下さい。