職員の対応や入居者の雰囲気、設備の使い勝手などもチェックするようにしましょう。

体験入居でチェックしておきたいポイント

 

老人ホーム選びでは、慎重に時間をかけて選ぶ必要があります。
民間の老人ホームや公共の老人ホームなど様々あるので、幾つかを比較して自分にあった老人ホームを選ぶようにしましょう。
体験入居の際にチェックしておきたいポイントを幾つか項目で挙げます。

 

食事のチェック

食事メニューはどうか。アレルギーなどに対応しているか、栄養管理士などが作っているか、味付けや健康に気使っているかなどをチェックして下さい。

 

日中の行事など

レクリエーションなどのアクティビティは充実しているか、自分に合っているか。などの日中の行事なども大切なポイントになります。

 

立地や周辺環境

自宅からの距離や最寄駅からの所要時間などもチェックしておきましょう。周辺の建物や出入りしている人などもチェックしておくと良いかもしれません。

 

 

認知症の方への対応など

認知症の方の入居はあるか、しっかりとした対応がされているか、専用のフロアーなどで施設の住み分けが出来ているかなどはチェックしておきたい重要ポイントです。

 

それ以外にも、職員の対応、入居の方々の雰囲気、設備の使い勝手などもさりげなくチェックするようにして下さい。
特に入居している方々の雰囲気や職員の方の雰囲気などの人間関係は意外と重要になってきます。

 

短期間で判断するのは難しい面もありますが、体験入居でチェックしておきたいポイントです。
また、部屋タイプでも個室の部屋が増えています。
多人数の部屋が向いているか、個室の方が向いているかなどもしっかりと検討したうえで体験入居されてみて下さい。

 

有料ですが中には、1ヶ月ほど体験入居出来る老人ホームもありますが、大抵のところは1週間程度となっています。
短期間で多くをチェックするのは難しいですが、最低限上記ポイントはチェックするようにして下さい。
また、体験入居も少なくとも2ヶ所以上で試してみて下さい。